Odahara-style  家づくり日記

odahara.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

土日のBGM

土日の体感プレゼンルーム。
平日に比べると、お子様連れのお客様が多いです。
ご両親が打ち合わせの間、
子供たちはキッズコーナーやリビングコーナーで遊んでいます。




絵本をよんだり・・・

a0098510_11300238.jpg



ブロックしたり・・・

a0098510_11304029.jpg



DVDやテレビを見たりしてます。

a0098510_11312415.jpg


a0098510_11313510.jpg


普段は静かな音楽を流している体感プレゼンルームですが、
子供さんが来ている時は、

ばーたばーたはしるよ~ばーたーこーさーん~♪

とかになります。(笑)

これが楽しいのです(^^)

テレビを見ながら子供たちが一緒に歌ってて、それが少し調子っぱずれだったりすると、
奥で仕事をしているトモコはな~んかホカホカした気持ちになって、
もう一回歌ってくれないかな~って思ったりしています。

昔我が家の長女はピアノを習っていて、
よくキッチンの隣の部屋で練習してました。
それは大体私がお皿を洗っている時なのですが、
彼女のピアノを聞きながらお皿を洗うのが好きでした。
途中で、ありゃっ?ってつっかえるのが面白くて、
皿洗いの時間はとても楽しかった・・・

その時間と土日のBGMは似ています。

っていうお話でした。(笑)



明日は土日によく打ち合わせに来てくださっているM様の家の上棟です!
晴れますように!!




先日の地震の時には県外からたくさんのお気遣いのメールや電話ありがとうございました。
米子は、本当に地震あったのかな~って思うくらい、なんともないです。
倉吉などは被害がでましたが、私の大好物「打吹公園だんご」も販売再開されてます!
今日は奥大山スキー場で「とっとりバーガーフェスタ」も開催されています!
琴浦あごカツカレーバーガーが食べたいっ!
でも今日はお仕事(;;)のトモコでした。








by odahara-style | 2016-10-29 12:24 | 徒然帖 | Comments(0)

お家にかける保険

 「勉強してスキルUP!」シリーズで 藤原がお伝えします001.gif

先日、10月14日のこと・・・

当社事務所にて火災保険に関する勉強会を行いました。

日頃からお世話になっている火災保険会社代理店の 株式会社ライフアシストの山本さんに

お越しいただき、小田原スタッフ全員集合で火災保険の基礎知識を教わりました。

勉強会の風景です。みんな真剣006.gif

a0098510_19204192.jpg


a0098510_1940526.jpg


普段、お家を建てられるお客様からご要望がありましたら

火災保険のお見積りをさせていただいています。

その場合、お客様への具体的な説明や保険契約は代理店さんにお願いをしていますが

基本的な事を改めて知っておこう!!!と言うことで 3時間みっちり勉強しました。

素朴な疑問を山本さんに質問するところから始まり、保険の選び方・・・などなど

先週21日の金曜日に、中部地区を中心とする大きな地震がありましたが

いざ予測も出来ない天災、災害が発生したとき金銭面で支えてくれる保険があれば

生活の建て直しも幾らかし易くなるのかな・・・と感じました。

火災保険、家財保険、地震保険、・・・保険会社も保険の種類もお客様の価値観も様々です。

保険選びをされるときは、小さな疑問でもためらわず代理店さんに何でも聞いてみられる事が

自分に合った保険を選ぶ近道かな!と思いました。

家族と財産を守るための大切な保険。慎重に選びたいですね001.gif

a0098510_2052917.jpg

by odahara-style | 2016-10-27 20:20 | 徒然帖 | Comments(0)

地震のこと

久しぶりに大きな地震が起きました。

私たちの町で大きく揺れたのは鳥取県西部地震以来。
今回は中部地区が大きく揺れました。

まずは身近なところから被害の確認。
人は大丈夫か?現場は?会社は?かつて仕事させていただいた皆様は大丈夫か?・・・。
西部地区は特に目立った被害はありませんでした。

中部地区の揺れが大きく、被害が出ていることは勉強仲間のグループLINEで知りました。
停電、断水、瓦や外壁の落下などが起きていると聞き、『何ができるだろう・・』 と考え
車に積めるだけの水を買い込み、ハシゴと土嚢袋とブルーシートを積んで
スタッフ数名と中部地区へ出かけました。

a0098510_22162641.jpg

いきなり悲惨な状況に遭遇
納屋と思われる古い建物
老朽化と屋根の重たさが原因だと思われる。



a0098510_22225883.jpg

棟瓦のズレが生じた家があちこちに。
今まで大きな地震がなかったせいか、棟の補強はされていませんでした。



a0098510_22262957.jpg

とりあえず雨がしのげるようにと数件シートをかけて帰ってきましたが
瓦屋さんがきてくれる目処はまだたたないみたいです。



被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。


今回のような災害があったとき行政や諸団体との連携が重要になります。
地域による被災状況や危険個所の共有であったり
どこに緊急性があり、適格な指示が出せる仕組みの構築など
足りていない事に歯がゆさを感じた一日でした。

今回を教訓に強化していただきたいものです。


そんな中、良い話も聞けました。
耐震等級3をクリアした家はほとんど被害が無いと!(TV台の飾りが倒れただけ)
設計段階から耐震性を考慮しておくと、このようなときに避難生活をすることもなく、
安全で快適な生活が継続できる という事を立証してくれました。

私たち家づくりに携わる者はまずそこから考えなくてはいけません。
断熱性、気密性、室内空気環境はもちろん大事ですが
安全・安心に暮らしてもらうために耐震性を高めることを大前提にしなくてはいけません。

今回の中部地区訪問でより一層気持ちが引き締まりました。

中部地区の皆様の生活が一日でも早く日常に戻ることを願ってやみません。



シート掛けしていただいたおにぎりと土産にもらったリンゴが
とても美味かった社長・小田原でした。
by odahara-style | 2016-10-26 23:05 | 徒然帖 | Comments(0)

勉強してスキルUP!

設計の藤原です。

今日は会社での仕事の中で こんなこともしてますよ~060.gifをお伝えします。

毎日の仕事の中にも自分自身のスキルUPを目的とした

セミナーに参加したり社内でテーマを決めて勉強会を開催しています。


先日9日の日曜日には北栄町の大栄農村環境改善センターで

『健康・省エネシンポジウム』に参加してきました。

このシンポジウムを主催する 『(一社)健康・省エネ住宅を推進する国民会議』 は

医療費の削減、長期的な視点からの医療費、介護費削減、住宅産業の活性化を目指して 

全国規模で発足した団体になります。

団体の推進委員会には 学識者(大学の先生、医師会・薬剤師会の会長さんなど)

全国自治体(知事さん、市長さん)、省庁の方々が参加しておられます。

詳しくは 『(一社)健康・省エネ住宅を推進する国民会議』のホームページで001.gif
http://www.kokumin-kaigi.jp/



シンポジウムの式次第。
北栄町 松本町長の挨拶から始まりました。
a0098510_13473913.jpg

慶應義塾大学の伊香賀教授による基調講演の様子です。
様々なデータを基に住環境と健康の繋がりを説明していただきました。
a0098510_13482177.jpg


続いて 松尾設計室代表 松尾和也さんによる基調講演の様子です。

ドイツの国策に学べ!
計画的な国費(補助金)の投入で国民の住環境のみならず、国の収益も生み出す善循環方策。
目からウロコでした002.gif
a0098510_13551858.jpg


家庭の給湯器が消費する燃料(エネルギー)の比較。
数字の単位 GJ(ギガジュール)は馴染みが無いのでピントこない方がほとんどだと思いますが
現在どの家庭でも主流の給湯器 『エコキュート』 ですが一昔前は主流だった『電気温水器』の1/3の電気でお湯を作っているんですね。ヒートポンプの力は絶大です!!!
松尾さん曰く、電気温水器をお使いの方は明日にでも取替えを勧めます!とのことでした。
a0098510_13553250.jpg


そして原発の発電量に置き換えると、電気温水器と電気ポットって、たくさん電気を使うんですね。
全国の電気温水器をエコキュートにチェンジすると 原発2基分。
全国の電気ポットの使用を止めると 原発3基分。 驚きです!
a0098510_135548100.jpg


今回のシンポジウムを通して、お話いただいた先生方から 

リアルな話題・情報を聞くことができました027.gif

家づくりの仕事を通して、普段お会いするお客様へ会話の中でお伝えできればと思います。

次回は社内で行っている『勉強会』の様子をお伝えしたいと思いま~す。
by odahara-style | 2016-10-15 14:42 | 徒然帖 | Comments(0)

鳥取県米子市の工務店です。日々の出来事をお伝えします。


by odahara-style