Odahara-style  家づくり日記

odahara.exblog.jp
ブログトップ

三本松の家、気密測定&構造見学会ご案内!

今日もいいお天気ですね~!

ポカポカの米子は、私トモコの体感温度で19度です(笑)

明日は11度まで下がるそうなので、皆様体調の管理にお気をつけくださいませ。




昨日、これまた気持ちのいい青空の下、

米子市三本松の家で気密測定を行いました。

a0098510_15454549.jpg


おなじみ、気密測定マシーン!
a0098510_15462217.jpg


気密測定に先立って、家中の壁や天井など、

隙間がありそうなところをコーキングで埋めていきました。

この時点でも隙間から空気が漏れてくるようなことは決してないのですが、


a0098510_15472894.jpg



それでも念入りに、念入りに・・・

気密がよくなるように、さらには断熱性能がよくなるように、

仕上げの気持ちもこめて、作業しています。

a0098510_15561738.jpg


結果は・・・今回もとてもよい数値がでました!




三本松の家では今週末、10日土曜日に「構造見学会」を開催します。

なので、ちょっと構造といいますが、どんな所を見てもらったらいいのか

この場でプレ見学会を開催!

  ↓  ↓   ↓

こちらは床下の様子です。

a0098510_1559913.jpg



床板を支える大引きと呼ばれる材木を支えているのは鋼製束。

その鋼製束の根元にも発泡ウレタンをうっています。

これは基礎から伝わる冷気が鉄製品に伝わり結露するのを防ぐのが目的です。

同じ意味で、構造材に入っているボルトなどにも同じことをしています。

また、基礎の断熱材と断熱材の切り口部分にも発泡!

こちらはもっぱら断熱が目的です。


a0098510_16101499.jpg


こちらは1階天井付近、梁と柱をぎゅっと固定する金物です。

地震などの揺れで柱や梁、筋かいなどの接合部が抜けようとする力に

抵抗させるための金物たち。

左下に見えるのが「ホールダウン金物」

その上、数字の2が逆さまになってるのが「筋かいプレート」

右上に見えるのが「はごいた金物」

阪神大震災以降、耐震に対する意識が強まり、

どこにどの金物を使うかは法律で決まっています。

たまたまこの場所は3つの金物がそろっていました。


それぞれの金物ががそれぞれの場所で、家を守る為しっかりと働きます。



構造見学会は地味ではありますが、

機能とか性能とか、家が出来てる仕組みとかが見れる

博物館的な視点で見ていただける催しです。

(完成見学会が美術館的とするなら・・・)

なので、骨組みって美しいわ~って感じるマニアな方(笑)以外の方も、

ぜひぜひこの機会に構造見学会においでください。


4月10日土曜日、午後1時から5時までやってま~す(^ω^)
Commented by shigeboxpentak10w at 2010-04-06 19:44
博物館の恐竜っぽい、とかw
Commented by 広報トモコ at 2010-04-07 10:33 x
私まだ恐竜の骨格標本見たことないのですが、
キレイかな~?
by odahara-style | 2010-04-06 16:50 | 新築の、三本松の家 | Comments(2)

鳥取県米子市の工務店です。日々の出来事をお伝えします。


by odahara-style